フィンランド料理 Riisipuuro
最近すっかり朝が寒くなってきましたね~。
そんな頃、我家の朝食に出てくるのがこちらのriisipuuro(リーシプーロ)。
白米と牛乳、水で作られる簡単なデザートです。
温かいうちにシナモンパウダー&砂糖をた~っぷりかけて食べたり、代わりにベリーソースをかけたり☆とても寒いフィンランドの朝のエネル源として食卓に並びます。
フィンランドでは丸くて甘味があるリーシプーロ用の日本米に似た白米も売られている程!
白米の代わりに食物繊維たっぷりのオートミールや麦などでも作られます。
少量のお米で作られるわりには、結構お腹イッパイになっちゃいますよ~☆
フィンランドでは...クリスマスのデザートとしても食べられている伝統的な料理です。

旦那様に初めて作ってもらった時「白米に牛乳!」「信じらんな~い!本当に美味しいの~??」なんてブツブツ言いながら半信半疑で食べたリーシプーロ。
一口食べた瞬間...フワッ~☆[*´ω`人´ω`*]ホワッ~☆ご飯を食べている感覚は全然なくて優しい食感で幸せな気分に!すっかりハマッテしまった一品です。
「お粥」と例えるには、ちょっともったいない?甘~くて上品な味ですよ♪
e0049177_2353375.jpg
When it gets cold we often eat Finnish rice porridge, which is called “riisipuuro”, for breakfast. We sprinkle cinnamon powder and sugar on top or we pour berry sauce on it. Both are very delicious! We also can make “puuro” with oatmeal or barley instead of rice. In Finland “riisipuuro” is eaten as a traditional dish on Christmas.

Before my husband made it for me for the first time I couldn’t imagine how it tastes. In Japan we don’t cook rice like this so I was a bit afraid to give it a go... Once I tasted it I was surprised and fell in love with the flavor. It was soft, creamy and delicious. I didn’t taste rice at all!




***Riisipuuro(4-5人分)***
=材料=
白米(150cc)
水(700cc)
牛乳(700cc)
塩(小さじ1)
塩(大さじ1)
バター or マーガリン(好みで少々)
生クリーム(好みで少々)
アーモンド(1個)
=手順=
1.沸騰したお湯に、といだ米を入れふたをして10分煮る。
2.牛乳を加え一度沸騰させ弱火で30分待つ。
3.火を止め塩、砂糖を入れる。好みによってバター、生クリームを入れる。
4.お皿によそり、砂糖とシナモンパウダーをかけて食べる。
[PR]
by kippis | 2005-10-23 22:18 | Finnish food
<< カルダモン  ラップランドのトナカイ  >>