フィンランド料理Lohilaatikko
e0049177_9184544.jpg
フィンランドでは鮭がよく食べられていて中にはこの料理↑lohilaatikkoがあります。
lohi=鮭 lattikko=箱 
その名の通り耐熱皿の中に具を層にしてソースをかけてオーブンで焼くだけなのです!
上でじゃが芋が焼けて変色してますが目を閉じて下さい(Tω⊂=)

       
ここでどさくさに紛れてフィンランド講座 part2 ~魚編~
コチラは前回の面白フィンランド講座 part1

日本語に似てる版
kala (読:カラ 意:魚)
rapu(読:ラプ 意:ざりがに)

面白版
mustekala(読:ムステカラ 意:タコ・イカ)
silli(読:シッリ 意:ニシン)

※フィンランドではタコ・イカはあまり食べられてないそうですがタコでもイカもmustekala!   muste=インク kala=魚 ある意味漢字と似てるような考え方で面白い!

※ニシンのsilliをsiili(シーリ)と間違えないで下さいね!
  ニシンからハリネズミになってしまいますよーーーん( ̄∀ ̄*))ひひひっっ








Lohilaatiko(フィンランドのサーモンのキャセロール)
マリネードサーモン・300g
じゃが芋(中)・・・・・・8-10個
玉ねぎ・・・・・・・・・・・1個
フレッシュディル・・・1dl
卵・・・・・・・・・・・・・・・3個
牛乳・・・・・・・・・・・・・4dl
塩・・・・・・・・・・・・小さじ1
ホワイトペッパー粉末・・小さじ1/2

①バターを塗った耐熱皿にサーモン、玉ねぎ、ディル、スライスしたじゃが芋の順に重ねる。
※一番上にじゃが芋がくるように層にしていく。
②最後に溶き卵と牛乳を上からかけて200度に温めたオーブンでキツネ色になるまで焼く。
[PR]
by kippis | 2006-04-19 09:19 | Finnish food
<< お相撲さんのファッションショー  苺ちゃん >>